やる気がない時にはコレ!読むだけでモチベーションが上がる話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションの上げ方なんて人それぞれですけど、今回はただひたすらあなたを励まして終わろうと思います。

理論やら哲学的な話はちょっと置いといて、とりあえずやる気でぇへん状態からちょっとでも抜け出せたらいいなと思って書きます!

モチベーション今すぐあげたい、やる気出ないのなんとかしてやという人は続きをどうぞ!

スポンサーリンク




モチベーションが上がらないあなたへ

はじめに今回は関西弁で書かしてください。関西圏以外の人はごめんなさい。読みづらいところや意味わからんところもあるかもしれんけど、なんとか伝わってくれればいいなと思います!

 

仕事だるい・・

 

毎日毎日、お疲れさんです。やりたくない仕事やめんどくさい付き合いの中、日々ほんまにがんばっててえらいですよね。

 

そんなしんどい思いをしてるのに、会社からは評価されない、給料上がらん、上司うざい・・・。

しかも、家帰っても誰もおらん。俺を癒してくれるのはビールとつまみだけ。

 

明日も仕事だるいわ。やってられへん。ほんまその通りですよね。

あなたの仕事ってのは本当はすごい価値ある仕事なハズやのに、もっと評価されてもええと思うんですけどね。

 

あの取引先の理不尽な態度・・ありえへんですよね。絶対、街中であったらただのオッサンですよ。仕事上で威張ってるだけですって。

俺のこと誰もわかってへん・・

 

あなたは優秀で出来る人なハズやのに、それを発揮する気にもなりませんよね・・。そんな会社も上司も取引先もほんま、あなたのこと全然わかってへんと思います。

あなたもそんな周りに嫌気がさして仕事もやる気出ないし、モチベーションも全然上がってこないですよね。

 

 

――でも、ちょっと思うんです。

 

その人たちや物事に反射的に反応してしまってるから「うざいわー」とか「だるいわー」ってなってしまってはるんと違うかなって。

僕が大好きな書籍に『7つの習慣』っていう有名な本があるんですけど、そこには『主体性を持つ』ってことを1番はじめに言うてるんですよね。

 

主体性を持つ?

7つの習慣って読まれたことあります?

人生や仕事をする上において7つの基本的で大切な習慣について書かれてる本なんですけど、それの一つ目がこの『主体性を持つ』ってことなんですよね。

 

主体性を持つっていうのはどういうことかと言うと、『刺激と反応の間にスペースを入れる』ってことなんです。

スペースを入れる、すなわち反射的に反応するんじゃなくて、自分で反応の仕方を選んでから反応するっていうことなんですよ。そしてその反応に自ら責任を持つっていうこと。

 

反応的な感じなら・・?

 

これやっといて―――また理不尽なこと言われた。めんどくさ。

怒られた―――なんで俺ばっかり怒られなあかんねん。

 

こんな風に思ってしまってるとストレス溜まりまくりますし、モチベーションってどんどん下がっていくんですよね。

これを主体的に反応を選んでみたらどうでしょうか。

 

主体的な感じなら・・?

 

これやっといて―――これを求めてるってことはこういうことを求めてるんかな。じゃあこういう風にやってあげよかな。

怒られた―――なにがあかんかったんかな。ここがこう足らんかったからかな。もうちょっとわかりやすくしてあげよかな。

 

要は自分が相手より上に立って反応してあげてほしいんですよね。

これをこうしてあげたらもっとええ感じになるんちゃうかな?って。

 

ほんまは仕事できへんのに偉そうにしてるだけのオッサンとかにこっちから主体的に良い事をしてあげる。

そしたら向こうからしたら思ってる以上のことしてくれたり、思ってもみないようなことしてくれて満足、いや感動すら覚えるんと違いますかね?

 

感動を与えちゃいましょう!

 

あなたに仕事頼んで感動してもらって「ありがとう、助かったわ!」なんて言われたら、これはもうなんかテンション上がりません?モチベーション上がりません?

 

「いや、ちょっとこうした方がいいのかと思って・・」なんてちょっとカッコいいこと言いはったら余計にカッコいいですよね。

 

そういうこと続けてやってると、周りがあなたのことを「こいつ、ほんまは出来るやつやな」って気付き始めると思うんですよね。

ほんまはあなたは出来る人やのに、それにやっと周りが気付き始めるんですよ。

 

そしたらあなたにもっと仕事のやり方とか今後の事とか意見を求められることが増えてくると思うんですよね。

 

そこでもあなたは、(こういうことを求められてるんやろうな・・)、だから「これはこうしたらええんちゃいます?」とかサラッと言っちゃってください。そしてその通りにやってみて成果を出してあげてみてください。

 

そしたらもう周りの人はあなたにメロメロですよ。女子社員もあの人素敵・・ってなるでしょうね。部下だってあなたに憧れて仕事のアドバイスとか悩みとか聞きに来るようになりますよ。

 

もうこうなったらあなたの評価はうなぎ上り。給料とか人事とかでプラスになる日も近いでしょうね。

 

僕はそんなほんまはめちゃくちゃカッコいいあなたが大好きです。尊敬します。

だから、まず主体的なあなたになってほしいんですよね。

受け身じゃなくてこっちから動くっていう風にやってあげてほしいんですよね。

 

自分から動いてるとなんかカッコいいし、モチベーションも上がってきますよ。

そしたら周りの目も変わって来るし、感謝されて尊敬されて、余計モチベーションは上がりっぱなしだと思います。

 

 

まとめ

 

  • 周りの事に反射的に反応してしまうとだるい、面白くないだけ。
  • 主体的に反応を選んであげるとちょっとやってあげた感が出る。
  • そうすることによって周りのあなたの見る目が変わる。
  • 本当はあなたは出来る人なんやと気付く。
  • あなたはカッコいい頼られる人になる。
  • モチベーションが上がる。

 

どうですかね?ちょっとやってみませんかね?

僕は出来ると信じています。だって、「なんかモチベーション上げる方法無いかなー」って思ってこの記事を主体的に読みに来てくれたんですから。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*