なぜ、言い訳ばかりしてしまうのか?その理由と解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、いつもいつも、肝心なところで言い訳してしまうのでしょう。

調子いい時は良い人で居られるのに、自分に都合が悪くなったり、気まずい時、うまく行かない時など、調子が悪い時に限って言い訳をしてしまう。

 

たちの悪いことに、その時付いた言い訳は、さも本当に前からそう思っていたんだくらいのリアリティがあったりする。

そんなことを繰り返しているうちに、あいつは肝心なところで役に立たない。頼りにならない。無責任な奴だ。とレッテルを貼られてしまう。

自分でも心のどこかでは言い訳している自分が嫌になっている。

でもやめられない。いや、やめようと思うんだけれども、また肝心な出来事が起こったときにとっさに言い訳をしてしまう。

そうして何も行動しないまま、何も変わらないまま、自分がかわいいまま、周りからの評価は下がっていく。周りからの信用を失うし、大切なパートナーも去っていってしまうかもしれない。

 

果たして、このままでいいのだろうか?

どうすれば、言い訳をやめられるようになるのだろうか。

どうすれば、責任感のある、頼れるリーダーになれるのだろうか。

あなたに足りないのは・・なんだろう?

スポンサーリンク




言い訳をしてしまう最大の理由

私も何かにつけて、すぐに言い訳をしてしまう。それも自分では言い訳だとは思っていないくらいの正当な理由を言ってしまう。でも、本当は正当に見せているだけで完全な言い訳なのだ。

穏便に済ませたい。もう済んだことだ。また今度で良いじゃない。やらないほうがいいよ。今はそんなタイミングじゃないな。

自分で自分を納得させる一見正しく見える意見。自分をも騙しているようだ。

 

何かやらなければならないことがあっても、直前になってつい違うことをし始めてしまったり。

何か言わなければならないことがあっても、つい言い出せなかったり。

決まってその理由は、相手が忙しそうだったから。とか本当はそんな風には思っていなかった。とかそんなようなことだ。

 

でも、それって言い訳じゃない?

本当は。こういうことなんじゃない?

 

あなた、本当は・・勇気が無いんじゃない?

 

勇気の無さが言い訳を生む?

好きな人が目の前にいても好きと言えない。

自分が間違ったことでも素直に間違いを認められない。

しないといけないことがあるのになかなかできない。

目の前で大切な人が困っているのにその人の盾になって守ってあげられない。

どうして?

だって、よく考えてみたらそんなに好きじゃなかったから?言ったところで俺みたいなのに振り向いてくれるはずないから?

そんなこと教えられてないから?自分が判断したわけじゃないから?部下がやったことだから?

自分は忙しいから?忘れていたから?

相手が怖そうな人だったから?助けを呼びに行ったほうがいいと思ったから?

 

・・本当にそう?

告白して断られるのも、OKされるのも怖いんじゃない?言う事に勇気が出ないんじゃない?

自分のミスを認める勇気が無いからじゃない?

決断を下す勇気が無いんじゃない?その判断に従う勇気が無いんじゃない?

全力で守る勇気が無いんじゃない?

 

行動する勇気

結局、思い返してみればずっとそうだった。

一見すると、冷めたクールな人間。〇〇するのは~~だよ。だから●●にするよ。冷静に分析しているように見える。

でもその実は、行動する勇気がなくて、もっともらしい言い訳をしているだけ。

その言い訳は日増しにうまくなっていって、自分自身も騙してしまうようになる。

 

言いたい時は、しっかり伝える勇気を持つ。

抗議しなければいけない時は、しっかり抗議する勇気を持つ。

決断する時は、しっかり自分の決断を信じる勇気を持つ。

行動する時は、しっかり真っ直ぐ進む勇気を持つ。

間違えた時は、しっかりミスを認める勇気を持つ。

楽しむ時は、しっかり楽しむ勇気を持つ。

友だちを作る時は、しっかり相手を敬う勇気を持つ。

家族を持つ時は、しっかり自分の家庭を守る勇気を持つ。

 

勇気を持つには

勇気をもって、勇気を身につけよう。そこに言い訳はいらない。

勇気なんて、カッコ悪いよ。そういうの苦手だわ。勇気だけじゃダメでしょ。考えることも必要でしょ。

 

ほら、もう言い訳が噴き出てくる。

 

言い訳は、言い出すと止まらない。もっともらしい理由で押し寄せてくる。自分の言い訳を作り出す頭の回転の速さにはびっくりする。

 

自分の一番深い根っこにある弱い部分に触れる作業。だから核心にいけばいくほどつらくなる。怖くなる。言い訳をして逃げ出したくなる。そうやって今まで自分を守ってきたから。

でも、こんなこといつまでも続けたくない。大丈夫、気付いたら、抜けられる。気付いたら、変われる。

 

あなたには、元々勇気がまったくなかったわけじゃない。むしろ、勇気はあったんだと思う。でも色々あって自信を無くし、勇気が無くなり、言い訳ばかりしてしまうようになったのだろう。

 

だから取り戻そう。勇気を取り戻そう。

『私は、勇気のある人です。』

 

これは、マントラ。呪文のようなものだけれど、これを毎日自分に向かって言ってみよう。

文字にして、紙に貼って、鏡の前や冷蔵庫、ドアや財布の中に入れておこう。

そして目についたときにそれを声に出して読むようにしてみよう。

 

『私は、勇気のある人です。』

ああ、そうだった。私は勇気のある人だった。思い出してほしい。

そして、また何かが起こったとき、これを思い出してほしい。そうすれば、言い訳をしないで済む。

言い訳をしない勇気を持つ。

行動を起こす勇気を持つ。

 

まとめ

  • 言い訳は、恐怖からやってくる
  • 言い訳は、勇気が無いからやってくる
  • 本当は、あなたは勇気を持っている
  • 勇気を出して、勇気を出してみよう
  • 合言葉は『私は、勇気のある人です。』

 

私もいろいろと言い訳をしてきた。まだまだ勇気が出なくて逃げてしまう。

でも、ほんの少しだけ勇気を出したら結果は驚くほど変わる。

ほんの少しだけ勇気を出したら未来は大きく変わっていく。

 

あなたも一緒にほんの少しだけ勇気を出してみませんか?

 

あなたの身体は大切な資本です。

元気で健康的で何にでもチャレンジできる人生を送りましょう!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*