ダイエットにカロリー計算は意味が無い!本当に知るべきはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットはカロリーを抑えれば痩せる。

摂取カロリー<消費カロリーにすれば痩せる。

そのために摂取カロリーを出来るだけ減らして、運動などして消費カロリーを増やしていきましょう!

 

そんな話を聞いたことはないでしょうか?

その考え方は、正直あまりお勧めできません。なぜなら、そもそもカロリー計算は意味が無いから。

いやいや、そんなことあり得ない。そう思われても仕方ありません。ですが、これは事実です。

今回は、カロリーを抑えても痩せないその理由と正しいダイエットの仕方をお話しします。

スポンサーリンク




1000kcalのステーキと500kcalのおにぎり、どちらが太りますか?

ここで、あなたに質問です。

あなたの目の前に1000kcalのステーキ肉と500kcalのおにぎりが置かれています。

そしてどちらか好きなほうをお召し上がりくださいと言われました。

ダイエット中のあなたは、どちらを選んで食べますか?

 

1000kcalもあるものを食べたら、絶対また太ってしまう・・!せっかくカロリーを減らして頑張っているのだから、どうしてもと言われるのならおにぎりを選びませんか?

あとで運動しよう、そしてきっちり消費してしまおう。と考えるかもしれませんね。

 

でも、実は体脂肪に変わってあなたのお腹を大きくさせるのは、おにぎりなのです。

えっ!そんなはずない!カロリー高いから太るに決まっている!そう思われたあなた。

人間の身体というものはそう簡単に出来てはいないのです。

 

実はカロリーという一つの指標と体脂肪が蓄積していくメカニズムは同じではないのです。

 

ダイエットとカロリーは関係無し

太る=体脂肪がつく。

ダイエット=体脂肪を減らす。ですよね。まさか体重を落とすためなら骨を削り、内臓を無くし、筋肉を取り除きたいと思う人などいないと思います。減らしたいのは無駄な贅肉、そう体脂肪ですよね。

それにはまず体脂肪が身体に蓄積するメカニズムを知る必要があります。体脂肪はただ単に高カロリーだから付いているのではないということなのです。

 

体脂肪=余った糖分の備蓄

摂取してカロリーを生み出すものといえば、3大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質。

この中で、唯一身体の中に備蓄させられるものというのが糖質なのです。

タンパク質と脂質はどんなに摂取したとしても不要な分を体内にずっと備蓄させておけるようにはなっていないのです。

炭水化物=糖分であり、糖分は筋肉を即時に動かすための栄養源となります。また脳を動かす栄養素でもあります。

すぐに使える便利なエネルギー源なため、過剰になった糖分もなんとか吸収し備蓄しておくことによりいつでも使える状態にしておくことができます。その備蓄しておく細胞が脂肪細胞であり、それが体脂肪なのです。

 

では、脂質とタンパク質は一体何をしているのか?この2つはもっと大切な役割を担っているのです。

 

脂質=油=身体の材料

あなたは脳や細胞、ホルモンなどが何から出来ているかご存知でしょうか?

そう、それは油です。脳の60%は油で出来ていますし細胞にある細胞膜というものも油で出来ています。ホルモンもコレステロールという油を原料に作られています。これらは身体を正常に保つために絶対必要不可欠な栄養素と言えます。

よく油は身体によくない、脂質は高カロリーだから食べすぎると良くないと言われます。

ですが、お伝えしたように脂質はあなたの身体を作ってくれる絶対に欠かすことのできないものなのです。しかもそれは身体に蓄えておくことのできない栄養素なのです。それは必須脂肪酸と呼ばれ、体内で合成することができないため絶対に取らないといけないものなのです。

 

タンパク質=身体の組織を作る材料

では、タンパク質はどうでしょうか。よくプロテインを飲むと筋肉が付きやすくなるといってアスリートやトレーニングをしている人は飲んだりしていますよね。なぜでしょうか?

そう、それはタンパク質は筋肉をはじめ、髪の毛や皮膚、内臓などを作る材料となっているからです。タンパク質をしっかり取っていると筋肉を強くしたり、髪の毛のツヤが出たり皮膚のキメが細かくなるなど良い事がたくさんあります。

そしてこれらは体内で合成できないため、食物により摂取しなくてはならず必須アミノ酸と呼ばれます。

また、このタンパク質というものも体内に備蓄できないため、絶えず摂取しなくてはなりません。

 

ダイエットには糖質を減らすこと

上記のことを踏まえた上で最初の質問に戻ります。

1000kcalあるステーキと500kcalのおにぎりはどちらが太るのか。

それはステーキとおにぎりに含まれる栄養素を比較してみるとわかります。

ステーキのカロリーの原料になっているのはほとんどが脂質とタンパク質です。脂質とタンパク質は高い熱量を発生させるため計測すると1000kcalもの熱量になっています。ですが、この脂質とタンパク質は余った分は備蓄しておくことができず体外に排出されてしまいます。

そして使用目的は脳や細胞膜を作るため、筋肉や内臓を作るために使われるため摂取すればするほど強い身体になります。そして備蓄できないので無駄な体脂肪にはなりません。すなわち太りません。

 

ではおにぎりはどうでしょうか。おにぎりはそのほとんどが炭水化物(糖分)です。

糖分はすぐに使用できる便利なものであるため筋肉を動かすときにすぐに消費されます。そしてその便利さ故に余った糖分は体脂肪として備蓄できるため太ります。

 

上記の理由から食べたら太るものは”おにぎり”なのです。

痩せるためには糖質を減らせ!

これが大原則なのです。

 

油は敵ではない!

高脂肪分はダイエットの敵!だからダイエット中は絶対食べてはいけない!

そう思っているならすぐにその考えはやめましょう。その生活を続けているとあなたの身体は栄養不足に陥って大切な健康を損ねてしまいます。

しっかり、脂質とタンパク質を取ること。これは絶対心がけてください。

油は敵ではありません。あなたの身体を強く丈夫にしてくれる心強い味方です。どんどん摂取してください。

とくに青魚などに含まれるω-3(オメガ3)はしっかり摂取しましょう!

 

油は熱に弱い!揚げ物はNG!

あなたの頭の中にこういうことが浮かんできていませんか?

「脂質とタンパク質はどれだけ取っても大丈夫なんだな。じゃあ唐揚げはOKなんだな」と。

 

それはNGです。その理由は、油の性質にあります。

実は油は熱に弱いという側面があります。揚げ物用までの高温に耐えられる油はあまり無いのです。

熱にやられた油は酸化し、過酸化脂質というものに変わります。この過酸化脂質というものは身体に有害で動脈硬化の原因となりやすいと言われています。

揚げ物ばかり摂取していると酸化した油があなたの身体に猛威を振るいさまざまな健康被害を生み出す可能性があります。

 

ダイエットを目的にしながら身体を壊してしまっては意味がありません。

油の摂取はオリーブオイルやごま油をサラダにかけたり炒め物には熱に強いバターやラード、ココナッツオイルを使用し、使用用途に応じた油を使用して良質な油を摂取していきましょう。

 

ダイエットの本当の敵は糖質

何度もお伝えしていますが、あなたがそのお腹に贅肉として溜め込んでいる体脂肪の原料は糖質です。

ご飯やパン、パスタやアイスクリーム。清涼飲料水にビール・・。

これらは全部糖質の塊です。これらの炭水化物、すなわち糖質を取れば取るほどあなたのお腹や二の腕は成長していきます。

 

あなたが本気で痩せたい、しかも健康的に痩せたいというのならまずはじめに取り組まなくてはいけないものは糖質の除去なのです。

カロリーを低く抑えることだけを意識していてはいけません。大切なのはどういった栄養をどれくらい取るのかということです。

いっそカロリーという言葉は忘れてください。その代わりに炭水化物をどれだけ食べているか、それだけにフォーカスしてください。

糖質の摂取をゼロにすればすぐに痩せます。30日でウエストが-10cmも夢ではないでしょう。

糖質を取らなくても病気になることはありません。もし枯渇すればタンパク質が糖質に変わるからです。

しかも、その枯渇するまでにあなたの中にたっぷり蓄えられた体脂肪の倉庫からどんどん糖質が使われていくのです。

 

あなたのその今までせっせせっせと蓄えたエネルギー(体脂肪)を使うときはまさに今なのではないでしょうか。

まずは、食事を変えること。そして身体に必要な栄養をしっかり取りながら無駄な栄養を排除していくこと。

それが健康的にリバウンドもなく痩せるための秘訣なのです。

 

まとめ

最後にまとめます。

  • 高カロリー=太るというわけではない。
  • 大切なのはその料理に含まれる糖質の量。
  • 太る原因は過剰な糖分が体脂肪に変わるから。
  • 脂質、タンパク質は備蓄できない。
  • 脂質、タンパク質は身体を構成する大切な栄養素なのでしっかり取ること。
  • 油は出来るだけ熱を加えないようにする。
  • 痩せるには炭水化物を減らすこと。

 

いかがだったでしょうか。高カロリーは良くないと大切な栄養素を取らないことのないように。

何度も言いますが、本当の敵は糖質です。糖質をどれだけ減らせることができるか。

 

それがあなたのダイエットの成功か失敗かの分かれ道となるでしょう。

  1. 何度も何度もダイエットに失敗し、その反動でやけ食いしてさらに太る、糖の奴隷となる人生を選ぶ。
  2. 思い切って糖の誘惑に別れを告げ、キレイで健康的でスリムな身体を手に入れる。

 

決めるのはあなた次第です。

あなたの身体は大切な資本です。

元気で健康的で、何にでもチャレンジできる人生を送りましょう!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*