なぜ、いつもいつも、肝心なところで言い訳してしまうのでしょう。

調子いい時は良い人で居られるのに、自分に都合が悪くなったり、気まずい時、うまく行かない時など、調子が悪い時に限って言い訳をしてしまう。

 

たちの悪いことに、その時付いた言い訳は、さも本当に前からそう思っていたんだくらいのリアリティがあったりする。

そんなことを繰り返しているうちに、あいつは肝心なところで役に立たない。頼りにならない。無責任な奴だ。とレッテルを貼られてしまう。

自分でも心のどこかでは言い訳している自分が嫌になっている。

でもやめられない。いや、やめようと思うんだけれども、また肝心な出来事が起こったときにとっさに言い訳をしてしまう。

そうして何も行動しないまま、何も変わらないまま、自分がかわいいまま、周りからの評価は下がっていく。周りからの信用を失うし、大切なパートナーも去っていってしまうかもしれない。

 

果たして、このままでいいのだろうか?

どうすれば、言い訳をやめられるようになるのだろうか。

どうすれば、責任感のある、頼れるリーダーになれるのだろうか。

あなたに足りないのは・・なんだろう?

続きを読む